おりびのブログ

written by oribi(機械系大学院生M1)

大学院生の生活を紹介します!大学院生って忙しいの?【理系】

 

大学生はよく聞くし知ってるけど大学院生っていったいなんなの?と思う方も多いと思います。

 

大学院生は普段何しているんだろう?やっぱり実験ばっかり?授業もあるの?ゼミってどんなの?学会行くの?

 

と様々な疑問や不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。

 

現在大学生や高校生の進学を考えている方に向けて、大学院生の生活リズム謎の生態について少しでもイメージしていただければなと思います。

 

(※この記事は、現在地方国立大学機械工学系の大学院生(おりび)とその周りの友だちについて書いています。大学や学科、理系・文系などによって大きく変わるので予めご了承ください。)

 

 大学院生,生活

 

 

理系大学院生の1日の生活を紹介します!

大学院生,生活

 

大学院生は大きく分けて次の5つを普段行っています。

 

  • 実験
  • データまとめ、論文調査
  • 講義
  • TA(ティーチングアシスタント)
  • その他

大学院生の生活の大半は実験です

大学院生の生活で最も占める割合が多いのは実験です。

 

僕の周りの大学院生の実験内容はこんな感じです↓

 

  • 金属を磨いてピカピカにした表面を電子顕微鏡で観察する
  • 試料にX線を当てる
  • ポンプで水を流して流量を計ってポンプの性能を調べる
  • 試験管に薬品を入れて合成したりする
  • プログラミングする

 

これらはほんの一部ですが、学部生の時に行った学生実験の延長のような実験内容です。

 

しかし大学院生の実験が学部生と決定的に違うことは1点!

 

それは、思い通りの結果が出ることが稀であるということです。

 

学部生の時の学生実験はある程度、実験結果が予想できてスムーズに実験が終われましたが、大学院生はそうはいきません。

 

未だ世界で誰もしていないような新規性のある研究をしているので、教授も答えを知っていません。(それが本来の研究・実験の意義ですが…)

 

それに加えて、自分で実験内容や実験条件を決めます。そして結果がでないと修士論文が書けず卒業できない…

 

厳しい世界です。

 

しかもその実験の合間を縫ってデータをまとめたりゼミ(勉強会)の準備をしたりします。

 

なので基本的に大学院生は大忙しです。


データまとめや論文調査などのデスクワーク

実験データをグラフにして物理現象の解明や根拠を考えます。

 

予想通りの実験結果が出ればいいのですがそうなかなかうまくはいきません。

 

大半は予想外の実験データが出てきますので、原因を先生や先輩と議論して自分の中で整理しまとめなければいけません。

 

そのほか週1回のゼミで発表するために海外の論文を読んで要約をしておきます。

 

僕は英語が苦手なので苦労しました…いつもグーグル先生のお力を借りています笑


大学院生は意外にも講義が多い

大学院生は実験以外にも講義があるんです!

 

これがなかなかしんどい…多くは大学院1年(M1)の前期で取りきろうとするので前期に7~10個ほど授業が入ります。

 

週に7~10個ほど授業があって、それ以外の時間は自分の研究を進める…

 

しかも授業ではレポートが課せられる場合があるので、実験の合間を縫ってレポートも仕上げなけらばいけません。

 

M1前期は結構ハードです。


TA(ティーチングアシスタント)は時給が発生する

他にも研究室の教員の担当授業にもよりますが、授業のお手伝い(TA : Teaching Assistant)をすることがあります。

 

わずかながら時給は発生しますが労働の割に儲かりません。

 

学部生の時に授業や学生実験のお手伝いしていた学生がいましたよね。彼らです。

 


その他:修士論文や学会の準備

大学院生は実験や授業以外にもすることはたくさんあります。

 

12~2月シーズンは修士論文・発表の準備をしています。最後の追い込みで実験をたくさんする人もいます。

 

国際学会の準備をしたり後輩の実験指導などやることは山のようにあります。

 忙しい日の大学院生ってどんな生活?

大学院生,生活

それでは忙しい日の大学院生の生活リズムを見ていきましょう。

 

日によって実験の内容変わるので一概には言えませんが一番忙しい時をご紹介します。

 

7:30 起床&朝食

8:00 登校

8:15 実験の準備(ボタン押すだけなので5分で終わる)

8:30 授業開始(90分授業)

10:30 測定スタート(約1時間)

11:30 昼食

13:00 授業開始(90分授業)

14:30 ゼミ用の資料準備&講義レポート作成

16:00 実験スタート(30分準備後4時間放置)

18:00 軽食

20:00 実験終了&片付け

21:00 帰宅

 

朝早いのに夜遅いです。大学院生は普段、実験室・研究室・講義室を行ったり来たりしています。

 

各自一台デスクトップPCあるので、休憩がてらYouTube見ています。

 

うまいこと効率よく全てのことをこなしていかないといけないって感じですね。

 

研究は各自がおのおので進めていく方式ですので、夜型の人は昼過ぎに来て次の日の朝に帰るっていう人もいます。

 

逆に朝方の人は、朝早くから実験して、やること終わったら昼過ぎに帰るという人もいます。

 

暇な日の大学院生ってどんな生活?

大学院生,生活


それでは続いて講義がなくゼミも休みで超絶暇な日をご紹介します。

 

10:00 起床

10:30 登校

11:00 メールチェック、ネットサーフィン

11:30 昼食&休憩

14:30 実験スタート(約1時間)

15:30 バイトのため帰宅

 

授業やゼミがなく実験が立て込んでいないときは大学院生は本当に暇です。

 

昼過ぎに来て滞在時間3時間ぐらいの時もあります。この天国のような生活は1週間で1回ほど訪れます。

 

1年で最も忙しいのっていつ?

大学院生,生活

 

1年でトータルで見るとM1の11~12月の中間発表時とM2の12~2月の修論時が最も忙しくなります。

 

修士論文書いてプレゼン用のスライド作って前刷りも書いてというのは非常にハードです。

 

しかも修士論文はおよそ40枚~100枚ほど書きます。(これは研究室によりますが…)

 

学生実験のレポートの5~10倍くらいしんどいでしょう。

 

やはり曜日や実験内容によって毎日の忙しさの度合いが違い過ぎるのが逆にしんどいですね。

大学院生は真夜中まで実験してるって本当?

大学院生,生活

大学院生は真夜中まで実験しているというのは、半分ほんとで半分嘘です。

 

朝来るのが遅くて夜まで実験しているパターンや、次の日に回してもいいけど次の日は一日ゆっくりしたいから今日夜中まで頑張るというパターンや、ただ夜遅くまで研究室でプライムビデオ見ているだけのパターンもあります。

 

その人の生活スタイルにかなり依存します。

土日は休みあるの?

大学院生,生活

 

大学院生の休みの日はあるのかというのも、半分ほんとで半分嘘です。

 

土日頑張ればその分平日休んでもいいのでまとめていっきに頑張る人もいます。

 

特に土日も来いという強制はありませんが、僕はもう平日と休日の区別は無くなりました笑

 

 

大学院生の生活をまとめると

大学院生 生活


大学院生活をまとめると、忙しい時はブラック企業並みに忙しいけど暇なときは昼寝している猫ぐらい暇です。

 

忙しい人暇な日の差が激しい印象です。

 

ですのでうまくスケジュール調整して要領よくこなせばバイトや趣味なども充分できると思います。

 

今回は理系大学院生の1日を忙しい時と暇な日に分けてご紹介しましたが、大学、学科、研究室によって大きく変わります。

 

なので研究室選びは今後の大学院生活が充実するかどうかを決める大事な選択なのでよく情報収集してください。

 

理系大学生が研究室選びで気を付けることを11個にまとめました。

 

いい研究室の入りたい大学3年生の方は必読です!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。