おりびのブログ

機械工学科のことなら何でも聞いてください。95%は答えられます。

研究室訪問をした時に先生へするべき12コの質問【全て経験談です】

突然ですが、気になる研究室はいくつかあるでしょうか?

 

もし気になる研究室がある人は研究室訪問を考えているかもしれません。

 

しかし、研究室訪問をした時に問題が1つ。

 

それは何を質問したらいいのか分からないということ。

 

本記事では、研究室訪問した時に先生にするべき質問を12コまとめました。

 

(前半パートで研究内容に関する質問6コ、後半パートで研究室の雰囲気に関する質問6コに分けてまとめています。) 

 

 

 

 

これら12コの質問は、現在、地方機械系大学院生のおりびが実際に研究室訪問をした時に先生に質問してよかったと思えるものだけを抽出しました。

 

皆さんの参考になればと思っています。それでは研究室訪問した時にするべき12の質問をみていきましょう。

 

研究室訪問 質問 

 

 

 

研究室訪問したらまずは研究内容について聞こう

研究室訪問 質問 

 

研究室訪問しても、先生の話をするのって緊張しますよね。

 

そこで研究室訪問したら、まずは研究内容について聞いてだんだんと場を温めていきましょう。

 

 

 

具体的には下記の6つです。

 

気になるところからご覧ください⇩

 

研究室の雰囲気に関して質問しよう
  1. 研究室の配属人数(内部生、外部生、留学生の割合)
  2. 大学院へ進学する先輩の人数
  3. コアタイムについて先生はどう考えているか
  4. 卒業生の先輩の就職先について
  5. 研究室と実験室の場所、実験環境を確認しよう
  6. 研究室の備品(特に机やパソコン)について尋ねる

 

研究内容に関して詳しく聞いていみる

まずは挨拶がてら研究内容に関して詳しく聞いてみましょう。

 

研究内容に関して聞かれて嫌な顔をする先生はいないと思うので、リラックスして話をしてみましょう。

 

大抵の先生は楽しそうに研究内容を話してくれると思います。

 

 

 

 

しかし先生に研究内容を聞く時には一つだけ注意点が…

 

それは、予習なしのあまりにも無知すぎる質問は避けるということです。

 

例えば、車のエンジンについての研究ということは公表されているのに、「ディーゼルエンジンってどんなのですか?」のような無知丸出しの質問は避けましょう。

 

30分でいいので、研究内容に関する言葉はググって調べておきましょう。

 

ゼミ(雑誌会)は週に何回あるのか

研究室に入るとゼミ(別名、雑誌会)があります。

 

そこで、週に何回ゼミがあるのかを質問してみましょう。

 

 

 

ゼミではどんなことをするかと言うと、研究に関連する教科書や論文(日本語、英語)、自分の研究の進捗発表をまとめて発表会を行います。

 

僕の研究室では、毎週1回(1時間程度)ゼミがあり、2週間に1回のペースで自分の発表が回ってきます。

 

 

 

ゼミの頻度を聞いて、毎週2回以上と言われたら黄色信号な研究室かもしれません。

 

英語の論文を毎週読むのは本当に疲れますよ…笑

 

企業と共同研究をしているか

研究室訪問 質問 

 

研究室訪問に行ったら、企業と共同研究をしているのか質問してみましょう。

 

 

 

一見企業との共同研究はかっこよく聞こえますが、僕は共同研究をしている研究室には否定的です。

 

なぜなら、共同研究をすると実験結果をせかされ学生の負担が大きくなるからです。

 

 

 

 

自分の会社だけで研究すればいいのに、なぜ企業は大学と共同研究をしたがるのか分かりますか?

 

答えは簡単で、自分の会社にはない実験装置が大学にはあり、それを使いたいから企業は共同研究をしたがります。

 

会社はお金たくさんあるんだから買えばいいじゃんと思うかもしれませんが、たまにしか使わない実験装置を所有していると固定資産税がかかり、結果として大学にお金を払って研究した方がコスパがいいからです。

 

企業はお金を払っているので、実験結果をかなりせかしてくるでしょう。

 

共同研究する学生はかなり責任と重圧がのしかかります。

 

研究方針について(チームで研究を進めるのか個人で研究を進めるのか)

研究室訪問したら、必ず研究の進め方について尋ねましょう。

 

研究の進め方というのは具体的に言うと、下記の二つに分かれます。

 

  1. チームで研究を進めるタイプ
  2. 個人で独立して研究を進めるタイプ

 

 

 

あなたが入りたい研究室が①のタイプなのか②のタイプなのかということは非常に重要です。

 

なぜなら、①と②は研究スタイルが全く正反対なので自分に合わないタイプを選択してしまうと、後々かなり後悔するからです。

 

 

 

 

①のチームで研究を進めるタイプとは、何か一つのモノを作るのに学生みんなで分担して作業をするというスタイルです。

 

①の例ですが、、、

 

A君は薬品Xを試験管に入れて振り続ける係。

Bさんは薬品Yを試験管に入れて振り続ける係。

そしてC君はそれらの薬品の性能を検査する係。

 

このように分担作業で研究を行うので、誰か一人でもサボると研究が進まず皆困ってしまいます。

 

ただし、自分は早く作業が終わっても他の人のスピードに合わせないといけないので時間差が生まれます。

 

 

 

対して②の例ですが、、、

A君は薬品Xと薬品Yを試験管に入れて振り続け、そのあと薬品の性能を検査するというスタイルです。

 

②の例だと全部一人で実験を行うので一見しんどそうに見えますが、僕は②の研究スタイルの研究室を推奨します。

 

なぜなら、②のスタイルでは自分で実験のスケジュールを調整できるので、自由に休みを取ることができます。

 

例えば、9月・10月はたくさん実験を詰め込んでいっきに卒論データを入手し、11月~は一切研究せず卒論を書くことに専念するということだって可能です。

 

自分でスケジュールを決めたい、休みを自分で決めたい、周りに影響されず自ら実験内容を決めて研究を進めたいという人は②が向いています。

 

逆に、自分で実験スケジュールを組むのが苦手、1人ではついサボり癖が出て卒論間近になったら焦りそうと思う方は①の研究スタイルが向いています。

 

 

 

ぜひ、自分はどっちのタイプなのか見直してみましょう。

 

(※将来、技術系の仕事に就きたいなら、②の研究スタイルに慣れておくことを推奨します。①よりも②ができる人は重宝されるので。)

 

学会に行くかどうか(国内学科or国際学会)

研究室訪問 質問 

 

研究室訪問をしたら学会に行くかどうかを聞いてみましょう。

 

学会とは、全国や世界であなたと同じような研究をしている人が集まって発表をし合う会のことです。

 

学会に行くという事はそれなりに研究をしていて実績があるという事です。

 

 

 

 

また、ほとんどの学会は日本国内ですが、まれに外国で行われる国際学会に参加する研究室もあります。(もちろん英語で発表ですよ。)

 

国際発表ができると就活で武器になりますし、その研究室は結構な実績があり、いい研究室とみなしてもいいと思います。

 

逆に、全く学会に行っていないと言われたらちょっと危険です。

 

研究実績がないので、卒論前などは苦労を強いられる可能性が高いです。

 

就活や院試勉強中は研究を休んでも大丈夫か

就活時や大学院試験の勉強期間は研究を休んでもいいか聞いておきましょう。

 

就活中は毎週のごとく、東京や大阪などに面接を受けに行くので、なかなかまとまった研究する時間が取れません。

 

また大学院試験のテスト前も2〜3ヶ月は研究を停止して勉強に専念した方がいいです。

 

 

 

しかし先生によっては就活中や院試勉強前でも研究しろと言ってくる人もいます。

 

就活中や院試勉強期間は研究を止めてもらえる先生を選びましょう。

 

卒業研究はいつから始まるか

研究室訪問したら、いつから卒業研究が始まるか聞いておきましょう。

 

大学4年生の4月から研究を始めるという先生もいれば、前半は勉強会ばかりで、9月ぐらいから本格的に研究を始めるという先生もいます。

 

先生によって研究の忙しさも変わってくるので、いつから卒業研究が本格的に始まるのか聞いておきましょう。

 

 

 

 

ちなみに僕は、卒業するM2の先輩から実験装置の使い方を教えてもらうために、3月(春休み)から研究がスタートしました。

 

しかし早くから研究を始めたため、12月には必要なデータもそろい卒論も余裕をもって提出できました。

 

 

 

研究室訪問したら、研究室の雰囲気に関して質問しよう

研究室訪問 質問 

 

 先ほどまでは研究内容に関しての質問でした。

 

次は、研究室の雰囲気を尋ねる質問をしましょう。

 

具体的には下記の6つです。

 

研究室の雰囲気に関して質問しよう
  1. 研究室の配属人数(内部生、外部生、留学生の割合)
  2. 大学院へ進学する先輩の人数
  3. コアタイムについて先生はどう考えているか
  4. 卒業生の先輩の就職先について
  5. 研究室と実験室の場所、実験環境を確認しよう
  6. 研究室の備品(特に机やパソコン)について尋ねる

 

 

研究室の配属人数(内部生、外部生、留学生の割合)

研究室の配属人数は事前に聞いておきましょう。

 

具体的には内部生(学部と大学院での大学が同じ)や、外部生(学部と大学院での大学が異なる)、留学生の人数を聞きましょう。

 

直属の先輩は何人になるのか、内部生が多いのか外部生が多いのか、留学生はいるのかは大事です。

 

ちなみに僕の研究室にも1人留学生がいるので、毎日研究室では英会話の練習が行われています笑

 

 

大学院へ進学する先輩の人数

もしあなたが大学院へ進学しようと考えているならば、その研究室の大学院へ進学する先輩の数も確認しておきましょう。

 

たくさん大学院へ進学する先輩がいたら、院試の過去問がもらえたり卒論のアドバイスをもらったりできて心強いですよね!

 

 

 

 

逆に、大学院へ行こうと考えているのに進学率が低いと、なにかと苦労します。

 

自分の進路に合った研究室を選びましょう。

 

コアタイムについて先生はどう考えているか

 

皆さんはコアタイムというものをご存知ですか?

 

コアタイムとは、研究室にいないといけない時間帯を指します。

 

多くは9時ー17時で設定されているところが多いです。

 

さて研究室訪問したら、コアタイムがあるか、コアタイムについてどう思っているのか聞いてみましょう。

 

 

 

 

コアタイムを作って学生を規則で縛るのが好きな先生もいますし、逆にコアタイムがないと研究できないような学生はいらないと考える先生もいます。

 

コアタイムのある無しによって研究室にいる時間も変わってくるので、どちらが自分に合っているか見直しましょう。

 

 

卒業生の先輩の就職先について

研究室訪問 質問 

 

皆さんの関心が強いのは、やはり卒業生の就職先ではないでしょうか?

 

大企業に就職している先輩が多いのか、どのような職種に就職している先輩が多いのかはしっかりと聞いておきましょう。

 

 

 

 

例えば、車のエンジン関係の研究室は毎年自動車会社に就職している先輩が多いということが分かると参考になりますね。

 

ざっくりと過去5年前からまでの先輩の情報は入手しておきましょう。

 

研究室と実験室の場所、実験環境を確認しよう

研究室と実験室の場所、そして実験室の環境を確認することは非常に大切です。

 

もし3年生までのキャンパスと、研究室がある場所が異なると移動がかなり大変です。(稀ですが…)

 

また普段居る研究室と実験室が異なる建物にある場合は一旦外に出ないといけません。

 

雨が降っているとかなり面倒ですので、実験室が同じ建物か、できれば研究室の隣にあるといいでしょう。

 

 

 

 

そしてさらに重要なことは、実験環境を確認するということです。

 

例えばポンプの性能実験をするとして、わざと部屋の温度を変えずに実験するパターンです。

 

変に部屋の温度を変えると、結果に悪影響を及ぼすので夏場でもクーラーなしで無風の部屋で実験しないといけないかもしれません。

 

実験室が広いのか、涼しいのか暑いのかは意外と聞かない盲点かなと思います。

 

 ぜひチェックしましょう。

 

 

研究室の備品(特に机やパソコン)について尋ねる

研究室訪問 質問 

 

貸してくれる研究室の備品についても先生に尋ねてみましょう。

 

具体的には以下の2つ。

 

  • 1人一つ自分の机があるか
  • 一人一つ自分のパソコンがあるか

 

 

人数が多い研究室ですと、1人一つ自分の机がないかもしれません。

 

机がないと落ち着きませんしかなり不便です。

 

 

 

 

また1人一つデスクトップパソコンを貸してくれる研究室はいいですね。

 

研究用のパソコンはノートパソコンではなくデスクトップパソコンでないと性能が追いつかないこともあります。

 

 

 

また1人2つのパソコン用モニターを貸してくれる研究室はかなり優良物件です。

 

研究室で自分の机があり、デスクトップパソコンでモニター2枚っていうのはかなり憧れですよね。

 

 

研究室訪問をして場が盛り上がってきた頃、「ちなみに机やパソコンって1人一つ貸してくれるんですか?」と聞いてみましょう。

 

 

研究室訪問の質問まとめ

研究室訪問 質問 

 

今回は研究室を訪問した時に先生に質問した方がいい内容をまとめました。

 

もう一度おさらいしますと下記でしたね。研究内容と研究室の雰囲気について分けています。

 

 

まずは研究内容について聞こう
  1. 研究内容に関して詳しく聞いていみる
  2. ゼミ(雑誌会)は週に何回あるのか
  3. 企業と共同研究をしているか
  4. 研究方針について(チームで研究を進めるのか個人で研究を進めるのか)
  5. 学会に行くかどうか(国内学科or国際学会)
  6. 就活や院試勉強中は研究を休んでも大丈夫か
  7. 卒業研究はいつから始まるか

 

 

研究室の雰囲気に関して質問しよう
  1. 研究室の配属人数(内部生、外部生、留学生の割合)
  2. 大学院へ進学する先輩の人数
  3. コアタイムについて先生はどう考えているか
  4. 卒業生の先輩の就職先について
  5. 研究室と実験室の場所、実験環境を確認しよう
  6. 研究室の備品(特に机やパソコン)について尋ねる

 

 

 今回は研究室訪問をした時に先生に質問するべき内容をまとめましたが、学生への質問もまとめています。

 

 

以上、ありがとうございました。研究室選びの参考にならば幸いです。