おりびのブログ

written by oribi(機械系大学院生M1)

【iPhoneが壊れた、電源がつかない時にすべきこと】自分でできる対処法は?

突然iPhoneの電源が突然つかなくなった...

iPhoneが壊れたかも…

 

ってなると本当に焦りますよね。大事なデータや写真が消えてしまっているかもしれないし、SNSが使えないと生活に支障をきたします。

 

実は僕も、3年間iPhone7を愛用していたのですが、ある時YouTubeを見ていたら突然iPhoneの電源が落ちてしまいました。

 

 再起動したり充電器を変えたり色々と試してみたのですが直らず、

 

iPhone修理店に持って行っていくと、内部の基板が壊れていて修理に25000円かかるって言われ止む無くiPhoneXRに買い換えました。

 

この記事では、僕と同じようなiPhoneが壊れたかもという境遇の方に向けてiPhoneの電源がつかない時の原因や改善策をまとめていきます。

iPhone 壊れた,iPhone つかない

iPhoneがつかない!壊れたかも?自分でできる対処法は?

iPhone 壊れた,iPhone つかない

 それではまず、iPhoneがつかない時や壊れたかも?と思った時に自分でできる対処法を紹介します。

 

とりあえずは焦らず次の2つを確認してみましょう。

まずは充電器に不具合がないか確認

そもそも充電が正しくできているかということを確認しましょう。

 

iPhone側ではなく充電アダプターもしくは充電ケーブルに問題があるかもしれません。

 

充電器に関する確認項目は以下です。

 

  • 違うコンセントに差してみる
  • 違う充電ケーブル・充電アダプターに変えてみる
  • その充電器で他のiPhoneが充電できるか確認する

 充電器に異常がない場合は次を確認です↓

iPhoneを再起動してみる

充電器に異常がない場合は、iPhoneを強制再起動してみましょう。

 

iPhone X/XSやiPhone 8を強制再起動する方法

  1. 「音量を上げるボタン」を押してすぐ離す
  2. 「音量を下げるボタン」を押してすぐ離す

iPhone 7を強制再起動する方法

  1. 「音量を下げるボタン」と「電源ボタン」を同時に長押し
  2. 電源が落ちて、画面が真っ暗になる(ボタンは長押しのまま)
  3. リンゴのマークが出たら指を離す

 

以上の説明の通り、一度iPhoneを再起動してみましょう。

 

再起動で不具合が直るケースは結構あります。

iPhoneの電源がつかない原因は?

iPhone 壊れた,iPhone つかない

iPhoneの電源がつかない原因として、ソフトウェアの問題(コンピューターのプログラムなどの処理)ハードウェアの問題(物理的な原因)があります。

 

まずはソフトウェアの問題からチェックしていきましょう。

アップデートの失敗で電源が入らなくなる

よくあるソフトウェアの問題として、アップデートを行っている途中で何らかの不具合が起こりアップデートが中断され電源が入らなくなるということが考えられます。

 

アップデートを行う時は、充電が十分にある状態でそしてWi-Fiが安定している環境で行うことに気を付けましょう。

 

続いてハードウェアの問題についてみていきましょう。

iPhoneが水没・水に濡れてしまった

続いてハードウェアの問題によるiPhoneの故障原因を3つみていきましょう。

 

iPhoneが水没したり水にかかったりしませんでしたか?

 

iPhoneは生活防水機能がついていますが、とはいえ水がかかると壊れる可能性は十分にあります。

 

そしてたちが悪いことに、水没してすぐは平気そうに見えても、その数日後にiPhoneの電源が付かなくなったりします。

 

生活防水機能付きと言えど、毎日お風呂での使用は控えた方が吉です。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命でiPhoneの電源が付かなくなることはあります。

 

iPhoneのバッテリーはフル充電を500回繰り返すと最大容量が80%になるように作られています。

 

つまり、何度も何度もバッテリーを充電すると化学的経年劣化が起きます。

 

iPhoneの故障の原因で最も多いのがバッテリーです。アップルストアやiPhone修理店に行ってバッテリー交換をした方がいいです。

基板などの電子部品の故障

そして最後にハードウェアの問題として、基板などの電子部品が故障している可能性が考えられます。

 

 僕もiPhoneが壊れた時にバッテリーや液晶画面の交換をしてもらったのですが直らず、電子部品が故障していると言われました。

 

「基板の修理には25,000円もかかる」と言われ泣く泣くiPhone XRに買い換えました。

 

もう電子部品が壊れたら買い替え時だと思いましょう、自分で直すことはできません。

iPhoneが壊れた、電源がつかないと時の正しい修理方法まとめ

iPhone 壊れた,iPhone つかない

 今回の記事では「iPhoneが壊れた、電源がつかない時の修理方法のまとめ」についてまとめました。

 

突然iPhoneの電源が付かなくなると、連絡はとれないわ、グーグルマップは見れないから道に迷うわ、Apple Payが使えないわで不便極まりないです。

 

バッテリーや基板などのハードウェアの故障ならもう自力では直りませんが、アップデートの不具合や充電ケーブルの不良なら自力で直る可能性があります。

 

あと、もしものためにバックアップはこまめに取るようにしましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。