おりびのブログ

機械工学科のことなら95%は答えられます。

機械工学科
材料力学の問題解説
研究室
大学院生とは

【オンライン授業で体力的にしんどい方へ】肩・背中・眼の疲れは"このアイテム"で一撃!

f:id:oribi:20210501141528j:plain

こんにちは、やっと社会人になったけどずっとリモートワークのおりびです。

 

「在宅だと誰もいないから下はスエットでいいしサボれるし自由だわ!」って思ってたんですよ。

けどそれは間違いでした。

 

なぜならずっと画面に顔が表示されるから。

 

下向いてスマホいじったりあくびしたりすると一発でバレます。

そうしたら入社後いきなり評価がた落ちです。

 

なので案外リモートワークは疲れます。

 

おりび(機械工)

ずっとパソコンの光浴びて目がしんどいし…

 

そんなこんなで、この悪環境を変えるべく、いくつかガジェットグッズを買ったら生活がイイ感じになったのでシェアします。

 

オンライン授業がしんどいあなたへ【おすすめグッズ5選】

f:id:oribi:20210427191508p:plain

時間がない人は下記のツイートだけご覧ください。

僕が買ったガジェットたちは、結論こちらのツイートの通りです。

 

 

使い勝手や細かな注意点、選び方のポイントを詳しくまとめていきます!

 

ノートパソコン用スタンド

f:id:oribi:20210501153339p:plain

ノートパソコン用のスタンドは、Sross PCスタンドを使っています。ポイントは3つあります。

 

  • 背中の姿勢が良くなる
  • カメラのアングルが目線と並行
  • PCの底面から排熱が逃げる

 
なんと言ってもパソコンの位置が高くなり、自然と背中の姿勢が正されるのがポイントです。

猫背ぎみの人は間違いなく使ってほしい商品。

 

オンライン授業・研修をする機会が増えたと思いますが、カメラが目線と並行というのも地味にナイスポイントです。

 f:id:oribi:20210501153313p:plain

 

なぜなら、PCスタンドなしでじかにパソコンを机に置くと、下からのぞき込むようなアングルになるから。

 

下からのアングルは5歳老けて見えちゃいます。

 

だから目線がカメラ位置と同じになるような、自由に角度調整できるタイプがgoodです。

f:id:oribi:20210501153350p:plain

 

あと、PCスタンドの底面から排熱が逃げる構造のスタンドを選ぶことをおすすめします。

理由は、熱がこもってオーバーヒートするとパソコンの寿命を縮めるから。

 

例えばアルミ製など、熱伝導率が高く熱をより逃がしやすい素材がいいです。

あとシンプルに穴が開いているタイプ。

 

PCスタンドの底面から排熱が逃げる構造なら、パソコンの負担が減ります。

 

僕が使っているPCスタンドはアルミ製で角度調節も可能。

使い勝手抜群です。

10~15インチ程度の、ほとんどのノートパソコンなら対応していますよ。

 

 

無線キーボード

f:id:oribi:20210501153322p:plain

無線キーボードはLogicool キーボード K270を使っています。お値段2,000円ほどでコスパ最強。

 

パソコンスタンドを使うと、どうしても位置が上がってタイピングしにくいです。

そこでスタンドとセットで無線キーボードを強くおすすめします。

 

無線キーボードのポイントは下記の3つ!

  • &PCスタンドで猫背解消
  • テンキーやFキーある
  • 有線よりも無線

 先ほど紹介したパソコンスタンドと無線キーボードを組み合わせると、いっきに猫背解消できます。

 

おりび(機械工)

自然と背筋が伸びます。

 

テンキーやFキーがついているタイプを選ぶと、タイピング速度上がりますし、ショートカットも利用できます。

 

個人的な感想ですが、無線キーボードだとボタンが深くて好きです。

逆にノートパソコンについているキーボードはボタンが浅くてなんとなく押しづらい印象。

 

USBポート1つ消費しますが、それでも無線キーボードは買いな一品だと思いました。

 

サブモニター

f:id:oribi:20210501153413p:plain

僕が買ったサブモニターはDell モニター 18.5インチです。

 

資料見ながらオンライン研修受けれるのがマジで強い。

ページを開いたり閉じたりしなくて済むのでかなりストレス減りました。

 

悩める人

あと、単純に2画面かっこいい。

 

そして、サブモニターの注意点は3つあります。

  • コンセント1つ必要
  • 接続ポートが必要かも
  • ノートPCと比べて大きすぎると見にくい

 

下記の画像の通り、モニターからは2本のケーブルが伸びています。

f:id:oribi:20210501153259p:plain

 

  • 電源用
  • パソコン接続用

 

コンセントが近くに必要ということを覚えておいてください。

 

パソコン接続用の端子は、

  • HDMI
  • タイプC端子
  • D-Sub 15ピン

のいずれかの場合が多いです。

しかし自分のパソコンに上記の端子がない場合は"変換"が必要。

 

僕は「D-Sub 15ピン」→「HDMI」に変換してくれる端子を買いました。

f:id:oribi:20210501153306p:plain

 

あともう1つ注意点は、ノートパソコンの画面サイズと同じくらいのモニターを買う方がいいということ。

 

理由は、画面の大きさが違いすぎると目が疲れるからです。

 

ノートパソコンは10~13インチほどかなと思うので、モニターサイズは18~21くらいがちょうどよいかと思います。

 

おりび(機械工)

30インチとかだと、視線を移したときに目がくらッとしたので。

 

値段とモニターサイズを考えて、僕は下記のDELL18.5インチモニターを買いました。

 

上下の角度調節もできますし、眩しさも変更できるので使いやすいしちょうどいい大きさです。

 

ブルーライトメガネ

f:id:oribi:20210501162043j:plain

1日中オンライン授業・研修だと、ブルーライトカットメガネを買うのはアリ。

 

なぜなら、大量の光は目にダメージを与えるだけでなく、安眠も阻害するから。

 

例えば大学院時代、12時間以上も連続で修士論文をWordで書いていた時期は、夜なかなか寝付けませんでした。

 

パソコンからの光は脳が変に興奮するらしいです。

 

なので僕はメガネを新調するときに、+4,000円でブルーライトカットを入れてもらいました。

 新しくメガネを作るなら、数千円はケチらずにブルーライトカット機能を入れることをおすすめします。

 

注意点があるとすれば1つだけ。

 オンライン越しの相手からだと、メガネが青く光って見えます。

まあこれは仕方ないかな。(笑)

 

ころころテニスボールを踏む

f:id:oribi:20210501162048j:plain

最後なんやねん。と思いましたかね…

 

テニスボールを足元に置いて、ころころと足の裏で転がしてみましょう。

 

あしのツボ(?)が刺激されてめっちゃ気持ちいいです。

 

 

おりび(機械工)

安いので、ぜひすぐ試してみてほしい!

 

 

会社や大学ではこんなことできませんが、オンライン講義ならではのリラックス方法です。

 

安いので、ぜひ買ってやってみてください。

ゴルフボールでも可です。小さくて硬いボールを選びましょう。

 

ちなみにAmazonで探してみたんですけど、「ボール1つだけ」っていうのがなかったので、近くのスポーツショップなどに探しに行くのが良いかと思います。

 

デスクワークを快適にするグッズ

f:id:oribi:20210501162040j:plain

せっかくなので、ツイートの写真に載っていた他の商品も紹介します。

 

無線マウス

f:id:oribi:20210501153357p:plain

僕はLogicoolのを使っています。

 

有線マウスだとコードがごちゃごちゃして嫌だったので、USBタイプを買いました。

 

サイドに「戻るボタン」と「進むボタン」がついています。

WEB検索なんかのときにページ戻るのに便利。

 

世の中にはマウスにもっとたくさんボタンがついて高機能なマウスがあります。

しかしとりあえずコスパを重視して「戻るボタン」と「進むボタン」がついていればいいかなと考えました。

 

マウスパット

f:id:oribi:20210501153403p:plain



マウスパット

 

スピーカー

f:id:oribi:20210501153331p:plain

 

スピーカーはANKER ワイヤレススピーカーを使っています。

 

Bluetooth接続でコードないので見た目すっきり。

パソコンやiPhoneとも接続して音楽や映画をスピーカーから流せます!

 

4,000円と安価なのにしっかり低音が聞こえます。

特にこだわりがない、一般的な方ならこのスピーカーで十分満足できると思います。

 

作業中はいつもこれでBGMを流しています。