おりびのブログ

機械工学科のことなら95%は答えられます。

機械工学科
材料力学の問題解説
研究室
買ってよかった物

今から僕が5年で資産1,000万円を目指すシンプルな3つの理由【将来の人生とお金について考える】

f:id:oribi:20210804203904j:plain

こんにちは、機械工ブロガーのおりびです。

 

僕はお金のことを考えるのが大好きです。

たぶん小さいころから、貯金箱を小銭でいっぱいにしたり全部のお金をキレイに並べて数えたりすることが好きだったからだと思います。(←変なヤツ)

 

そんな僕も大学院を卒業し大手エンジンメーカーに就職した25歳の社会人になりました。(2021年現在)

 

そんな新卒1年目の僕のお金に関するビジョンは、今から5年で資産1,000万円です。 

・なぜ1,000万円も貯めたいのか

・本当にそんなこと可能なのか

・具体的にどうなことをするか

をつらつらと書きます。

 

僕と似たような価値観の人が共感してくれたら嬉しいのですが、本記事は5年後の自分が見返すようのメモ(?自分宛ての手紙?)として書いているので、少々適当です。

お許しください。

 

ではまずは、僕が資産1,000万円を作りたい3つの理由からです。

 

 

僕が資産1,000万円を目指すシンプルな3つの理由

f:id:oribi:20210804203923j:plain

僕が資産1,000万円を目指そうと思った理由は大きく次の3つです。

 

  • 寝てても年間50万円もらえるから
  • 心の余裕を確保するため
  • 達成感がありそうだから

 順に見ていきます。

寝てても年間50万円もらえるから

1,000万円を投資信託で分散投資して運用したら、期待利回りを5%と見積もっても年間1,000万円×0.05=50万円もらえる計算になるからです。(利益に対して税金が20%ほど引かれるので正確にはもう少々減る)

 

=================

  • 投資信託
  • 分散投資
  • 利回り

という言葉が知らなかったあなた。ぜひ検索して調べてみてください。

もっと興味が出てきたら本を買っていっきに学んでみてください。

 

※↑について5行でまとめると、、、

Appleとかトヨタとかたくさんの有名企業にほんの少~しずつの金額を投資します。もちろん株価が下がるときもありますが、10年スパンの長い目で見たら成長していく企業の方が多いだろうと予想します。なぜなら世界中の会社は日々頑張って利益を出し成長しようとしているから。なので投資資金は毎年わずかながら増えていくだろうという考え方です。

 

僕がおすすめのお金の本はこちらで。お金の勉強は心の底から楽しいです

>>「学生の内に何しておくのがいいですか?」と聞かれたらお金の本を読もう!って答えます【有名どころ1~2冊で十分】

=================

 

資産1,000万円を適切に運用したら、年間約50万円がもらえる計算になります。

おりび(機械工)

50万円って社会人3年目のボーナスくらいありますよね!

 

周りの同期は「金がない金がない」って嘆いている横で、自分だけボーナス1回分多いなんて最高の優越感と安心感じゃないですか?

 

言い換えると、資産を作ることは自分の影分身を作ることとイコールだと僕は思っています。

 

あと、"寝てても"というキーワードが個人的に重要です。

なぜなら、仮に今の仕事を放り出してもお金が自動的に入ってくるということを意味しているから。

 

例えば、太陽光発電を設置して発電して売電したり、超おもしろいスマホゲームを開発して課金してもらったりと、そういう類のことを僕はしたいんです。

 

しかし初期費用が高い太陽光発電をしたりとか、何かを作って売るのはハードルが高いので、誰でもすぐ始められる「投資信託を買う」という方法を25歳の僕は選択しました。

適切に投資して、将来の自分が楽できるように今から頑張ろうと思っています。

心の余裕を確保するため

僕は心の余裕を確保したくて資産を作りたいと強く思うようになりました。

 

例えばこんな感じ。

  • もし会社が倒産しても安全な状態を作りたい
  • もしもブラック企業だったらすぐ転職する
  • その日暮らしの貧乏人生活がしたくない
  • 心や身体の健康に気を遣えるように
  • ケガや病気、お祝い金など突然の出費にも動揺しなくなる

 

今年であなたはクビですとか、来月でこの会社はつぶれてしまいますなんてことになったら、たぶん泡吹いて倒れるでしょう。(まさかつぶれるとは思ってないですが…念には念を)

 

悩める人

もし配属先の上司がパワハラだったらどうしようか…

 

こういう心配性の性格なので、よく最悪のシナリオを想定してそれが起きても大丈夫なように対策を打っておきたいタイプです。

 

ケガや病気で入院したら、いきなり大金が必要になります。

身体的にも精神的にもしんどくなるはず。

だから自分の健康や病院代に充てられる資金はいつでも持っておきたいと考えました。民間保険には頼らずに。

 

他にも、結婚などのお祝い金。

25歳にもなるとそろそろ同級生が結婚しだします。仲いい友だちの場合、結婚式に呼んでくれることでしょう。

 

そうすると2万円?3万円?くらいのご祝儀を包むことが予想されます。

 

そんなおめでたいときに「ああ、貯金少ないのにお金減るの辛いな…」なんて思いたくないじゃありませんか?

しかし貧乏だとそうはいきません。

 

だから早めから資産形成して心とお金に余裕がある暮らしを僕はしたいんです。

達成感がありそうだから

資産1,000万円を作りたい理由3つ目は、多くの人がたぶんできないことを成し遂げたいと思ったからです。

たぶんものすごい達成感や満足感が得られるはず。

 

たぶん資産1,000万円ある30歳はそうそういないでしょう。だから僕は、珍しい人間になりたいんです。

 

1,000万円を作るのにしていく具体的なアイデアをあとで詳しく述べていきますが、その道のりを自分で模索して達成することに興味があります。

1,000万円を作るための具体的な3つのアイデア

f:id:oribi:20210804203914j:plain

僕が5年で1,000万円を作るための具体的な方法は下記の3つです。

 

  • 大企業で高収入&福利厚生ゲット
  • 大きな固定費を今一度見直す
  • 積立NISAで投資信託に突っ込む

 

順に見ていきます。

大企業で高収入&福利厚生ゲット

機械工のあなた、せっかく同じような仕事内容なら大企業の方が給料が高くなるでしょう。

単純に大企業の方がビジネスモデルが大きいため売上規模が大きいからです。

 

ざっくりですが、院卒の社会人1年目で毎月24万円もらっています。税金とか保険料とかいろいろ引かれてざっくり8割くらいの19万円くらいになります。

初任給に関しては、僕のYouTubeで話していますのでぜひ。

youtu.be

 

会社の寮や家賃補助の出る借り上げ社宅なら大幅に家賃を抑えることができます。

おりび(機械工)

実際ぼくは今、家賃8,000円できれいな寮に住んでおりかなり快適ですw

 

資産1,000万円÷5年 = 200万円なので、できたら毎年200万円。最低でも150万円は確保できるようなお金の使い方をしようと思います。

大きな固定費を今一度見直す

f:id:oribi:20210804203901j:plain

ちょっと上で言いましたが、毎年150万円ほど捻出するには大きな固定費を見直すことが必須です。

・家賃

・保険

・自動車

・通信費

はしっかりと最適化させます。

 

家賃は寮か借り上げ社宅で自己負担2万円以下に抑えたい。

いま、民間の保険は入ってません。家族ができたり車を買ったりしたら保険は考えます。

 

車は持ってません。自転車でこと足りる地域に住んでいます。

 

通信費は、楽天モバイルを契約しました。月々3,000円ほどでデータ無制限でPCにもテザリングできるので個人的にかなり嬉しいです。

積立NISAで投資信託に突っ込む

毎月最低5万円は積立NISAで投資信託にぶっこみます。メインは
「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」で、主に先進国の中の米国株をメインで投資しています。

 

  • 積立NISAとは?
  • 投資信託とは?
  • インデックス?

というはてな状態のあなたは、1冊でいいので今すぐ本を買って読んでみてください。知らない世界が広がると思います。おすすめの本はこちら。

65万部突破! いま一番売れてる「お金の勉強」本。中田敦彦さんのYouTube大学で大絶賛!

 

倹約してかつインデックスファンドに月5万円以上投資していたら、たぶん5年で資産1,000万円は到達できるでしょう(笑)

 

まとめ:勉強すれば投資は怖くないし将来の不安が減ると思う

f:id:oribi:20210804203909j:plain

 お金の本を数冊読めば、インデックス投資はギャンブルではないという考えに変わると思います。

僕も大学生のころに投資と聞くと、たくさんのPCモニターの前に張り付いてチャートを眺めるという生活だと思っていました。

 

しかしインデックスは世界中の株に少額分散投資しますので、大儲けも少ないですが大損することも少ないと考えています。

 

大人になるにつれてお金は絶対に必要になるので、早めに資産を作って配当金をもらって資本主義社会の安全圏に入りたいと思います。

 

ではではまた1年後くらいに経過報告します。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。