おりびのブログ

written by oribi(機械系大学院生M1)

サッカーチームのコーチに言われた今でも忘れられない言葉「スポーツは足し算と掛け算理論」

中学生の時、僕はサッカーのクラブチームに所属していました。

 

その時のコーチから言われた、サッカーの大会前に言われた一言をご紹介します。

 

f:id:oribi:20190625154713j:plain

 

サッカーの試合で勝つためには以下のような要素を持つことが必要です。

 

  • ドリブルがうまい
  • パスが的確
  • 思い通りのコースにシュートが打てる
  • フィジカルが強く、ぶつかっても倒れない
  • 走り負けない

 

 

つまり、体力技術がないと勝ち目は低いと一般的に認識されています。

 

 

しかし、それらの要素より大事なことは「勝ちたいという気持ちだ!」とそのコーチは言います。

 

正直そんなことみんな言ってるよと思われるかもしれませんが、そのコーチは続けてこのようなことも言っていました。

 

 

 「試合に勝つ可能性は、体力や技術力は足し算だが、気持ちは掛け算なんだ!」と言います。??

 

 

 

どういうことなのか、具体的に式で見てみましょう。

 

 

試合に勝つ可能性(「ドリブル」+「パス」+「シュート」+「体力」+「他…」) ×気持ち

 

つまり、ドリブルやパスのレベルが低いチームでも、「気持ち」の数値が高いと、いっきに勝つ可能性が高くなるという理論です。

 

逆にドリブルやパスがうまいJクラブのユースでも、「気持ち」の数値が低いといっきに勝つ可能性は0になってしまいます。

 

まさに、格下と見くびっていると痛い目に合うということの具現化ですね。

 

f:id:oribi:20190625154725j:plain



 

この言葉を言われたのはもう10年以上前のことですが、今でも鮮明に記憶に残っています。それほど印象的でした。

 

 

そしてこれはサッカー以外のことにも当てはまると僕は考えています。

 

 

例えば、気になる異性にモテるということに関しても当てはまるかもしれません。

 

 

気になる異性に振り返ってもらえる確率 = (「顔」+「髪型」+「服装」+「背丈」+「お金」+「他…」 × 本気度(気持ち)

 

 

↑のようなイメージですかね⁉笑。異論は受け入れます笑

 

f:id:oribi:20190625154736j:plain

まとめ

スポーツも勉強も仕事も、技術や効率化はもちろん大切ですが、それらは足し算にしかなりません。

 

「絶対に勝つ、絶対に受かる、絶対に成功する」といったメンタルは掛け算になります。なので技術力以上にメンタルは大切かなと思いました。