おりびのブログ

written by oribi

【引っ越しの手順書】大学生が引っ越ししたくなった時にするべき手順

大学生 引っ越したい

この記事では、

ああ、家引っ越したいな

 

と思い立った一人暮らし大学生がするべきことをまとめています。

 

引っ越しをするべきかどうか、またどのような手順で引っ越しをしたらいいかをまとめました。

 

ちなみに僕は大学4年間と大学院2年間で合計2回引っ越ししました。

 

学生時代3回家を変えたことがあるので、この記事では全て僕の体験談です。

 

是非引っ越しを検討している大学生の参考になれば幸いです。

 

大学生が引っ越したいと思ったときにするべきこと

大学生 引っ越したい

新居を決める前は魅力的な家だと思っていたのに、いざ住んでみると「この家ちょっと 不満だな〜」と思う時ありませんか?

 

そんな時は思い切って引っ越しを検討するのもアリかもしれません。

 

けど違約金とか引っ越し代とかかかるしめんどくさいなという気持ちになるでしょう。

 

まずは引っ越しするべきかどうかを考えていきます。

 

そのためにまずは今住んでいる家の不満点を書き出してみましょう。

今の家の不満を書きだしてみて引っ越しするか検討しよう

大学生 引っ越したい

引っ越しするべきか検討するためにまずは今の家の不満を整理してみましょう。

 

僕が2回引っ越しした時の不満点を具体例として書いてみます。

 

1軒目の家の不満点を洗い出してみる
  •  4車線の道路沿いで交通量が多く騒音がする、空気が汚い
  •  洗濯物を外に出せない
  •  独立洗面台はなくてもいい
  •  部屋が6畳で狭い

ということで家賃は変わらず独立洗面台なしの広い家(10畳)の家に引っ越しました。

 

2軒目の家の不満点を洗い出してみる
  •  1階の家だったので湿気が多く本棚の裏にカビが生えてた
  •  1階の家だったので蚊や虫、ゴキブリが出没した
  •  隣の家の人の声や足音が聞こえる
  •  大学の研究室に滞在することが多くなったので狭くて今より家賃安い家に住もうと思った

 

主に衛生面と家賃が高いという問題から3軒目の家に引っ越すことにしました。

 

この例のようにまずは今の家の不満を書き出してみましょう。

 

さっそく不満点を解決する物件があるかネットでリサーチしてみる

大学生 引っ越したい
 それでは不満点を紙に書きだしてみたところで、その不満を解決する物件があるかをネットでリサーチしてみましょう。

 

どうしても譲れないことと妥協できることに分けてみる

大学生 引っ越したい

どうしても譲れないことと妥協できることに分けてみる作業が一番大事です。

 

先ほど挙げた不満点を全て改善する家に住むことは恐らく難しいです。

 

ですので「絶対に改善したいこと 」と「できたら改善したいこと(妥協してもいいこと)」に分けて整理しましょう。

 

僕のことを例に出すと、

絶対に改善したいこと
  •  部屋は狭くていいので家賃を下げたい
  •  2階以上の家で害虫が少ない家に住みたい

 

 

できたら改善したいこと(妥協してもいいこと)
  •  お風呂とトイレがセパレート型ではないこと
  •  大学からの距離が遠くなること

条件を絞ってもう一度ネットで物件をリサーチしてみる

それでは「絶対に改善したいこと」に絞ってもう一度ネットで物件を探してみましょう。

 

気になる物件をいくつかブックマークしてみましょう。

 

引っ越した場合にかかる費用を計算して自分にメリットがあるか考える

 ようやく本当に引っ越しをするか、それとも今の家に住み続けるかを考えましょう。

 

判断のポイントはやはり費用 です。

 

引っ越しするにあたっての費用を洗い出してみましょう。

違約金の支払いが発生する場合がある

契約によって1年以内の場合や2年以内の場合によって違約金が異なってきます。

 

(ちなみに僕の場合は2年以内に引っ越したので違約金は家賃1か月分でした)

 

今の家の契約書を探して確認しましょう。

引っ越し業者の費用がかかる

 大学の近くの家に引っ越しするだけでも引っ越し料金はかなりかかります。

 

荷物が多くてトラックに乗りきらず2往復すると値段も高くなるので引っ越し前に荷物を断捨離することも大切 だと思います。

 

引っ越し費用のお見積もりはこちらをチェック

 

引越しっていくらかかるの?超簡単!無料一括見積り比較!引越し侍

 

敷金、礼金、仲介手数料がかかる場合がある

 入居時に大家さんに払う敷金・礼金や不動産屋さんに支払う仲介手数料が発生します。

 

家賃は安いのに敷金・礼金、仲介手数料が高くて結局損したというケースが目立ちます。

 

それぞれの言葉をちゃんと理解し、金額を把握しておきましょう。

 

不動産屋に行って話を聞いてみる

大学生 引っ越したい

ネットでのリサーチも終え、実際に近くの不動産屋さんに行って見ましょう。

 

実際に不動産屋さんを訪れる場合のメリットとデメリットがあります。

 

必ず注意しておいてください。

 

不動産屋さんに行って話を聞いてみるメリットは好条件の物件を教えてくれること

 ネットには上がっていない好条件の物件が存在する場合があります。

 

実際に足を運んでくれた人に対してサービスしようという考えです。

 

しかしこの不動産屋さんに行って、ネットには上がっていない好条件の物件があるということには 落とし穴もあります。

不動産屋さんに行って話を聞いてみるデメリットとは半ば強引に言いくるめられて契約されること

不動産屋さんに行って好条件の物件を提示してくれることは非常にいいことのように思えますが、これには落とし穴があります。

 

そのデメリットとは半ば強引に言いくるめられて契約させられることです。

 

忘れてはいけないことは、不動産の人は営業のプロということです。

 

もしこちらが少しでも迷っているそぶりを見せるものならば、これでもかと物件のいいところをアピールしてきます。

 

こんな言葉を言ってきたら要注意です。実際に僕が言われた言葉です。

  • 「ちょうど先月前住んでた人が引っ越していって、非常にあなたはラッキーですよ。」
  • 「今の家賃ほとんど変わらず今より広い家に住めますよ」
  • 「人気物件なので早めに押さえてたほうがいいですよ」

 

いいところをアピールしてくる代わりに悪いところはほとんどいってきません。

 

気づいたら口車に乗せられて契約していたということが学生ではよくある話です。

 

(不動産屋さんの口車に乗せられて僕はまんまと契約してしまいました、なので僕は2回も引っ越ししました。)

 

じゃあ不動産屋に行くときはどうしたらいいの?

と疑問に思うでしょう。続いて不動産屋に行くときの注意点をお話しします。

 

不動産屋に行くときの心構えとは

 どうしても譲れないことと妥協してもいいことをまとめたリストを持って不動産屋にいくことです。

 

何度も言いますが、相手は営業のプロなので、いいところだけをうまいことアピールしてきます。

 

そんなときは自分の住みたい家の条件に合致しているかその都度確認することが大切です。

 

 どうしても譲れないことと妥協してもいいことをまとめたリストを先に不動産屋さんに見せて物件を探してもらうでもいいかもしれません。

 

繰り返しになりますが、どうしても譲れないことと妥協してもいいことを分けて整理しておくことが大切です。

 

ここが曖昧だと余計な機能が付いている高い物件を勧められて契約してしまうケースがあります。

 

十分に気を付けましょう。

大学生が引っ越ししたいときにすることをまとめると

  1. 今の家の不満を書きだす
  2. どうしても譲れないことと妥協できることに分ける
  3. ネットで調べる
  4. 引っ越し費用をチェック!
  5. 不動産屋さんに行って見る 

 

この5ステップを行い、ぜひ自分に合った家を探してみてください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。