おりびのブログ

機械工学科のことなら95%は答えられます。

機械工学科
材料力学の問題解説
研究室
買ってよかった物

【大学生カップルの本音】就職先が異なると破局に繋がりやすいという話

学生でお付き合いしていると、誰しもがぶち当たる悩みは就職先と結婚… 

 

  • 大学生同士のカップル
  • 大学院生と社会人のカップル

 

の方って多いですよね。就職先が離れるという悩みをお持ちのカップルも少なくありません。

 

そんな理系大学院生の自分にも実は、社会人の彼女がいます。

 

そこで本記事では、おりび(理系大学院生)と彼女(社会人)の将来のことについてまとめていきます。

 

僕と同じような学生-社会人カップルや、学生同士のカップルにぜひ読んでいただいて今後の生き方について一緒に考えていきましょう。

 

 

大学生カップルの破局原因は、異なる就職先です

大学生カップル

仲のいい大学生カップルが別れてしまう原因は何だと思いますか?僕は、お互いの就職先が県外になってしまうことだと考えています。

 

もちろん、

  • 生理的に気が合わない
  • 相手が浮気していた…
  • 好きな人ができた

などの破局理由も考えられますが、多くの理由は「就職先が異なる」だと思っています。

 

そこで、大学生カップルが別れる具体例を見ていきましょう。

大学生同士のカップルが別れる具体例

大学生カップル

 大学生カップルが別れる流れは、だいたい下記のようなパターンではないでしょうか?

 

  1. サークルやバイト先で付き合う
  2. 就職先はお互いバラバラになった
  3. 学生時代はたくさん会えてたけど、就職先が県外のため半年に数回しか会えない
  4. 会えない期間が続くと、相手への気持ちが薄れる
  5. 会社で知り合った異性が気になる
  6. どちらかが別れを切り出す

  次に大学生と社会人カップルが別れる具体例を見ていきましょう。

大学生と社会人カップルが別れる具体例

  1. 合コンやマッチングアプリで付き合う
  2. 就職先が県外になったor転勤になった
  3. 県外就職のため半年に数回しか会えなくなった
  4. 会えない期間が続くと、相手への気持ちが薄れる
  5. 会社で知り合った異性が気になる
  6. どちらかが別れを切り出す

 

大学生 - 社会人のパターンもだいたい同じような流れで別れると思います。 

 

もちろん、「遠距離恋愛でも大丈夫!私たちの絆に距離は関係ない!」と考える方もいらっしゃると思いますが、現実的ではありません。

 

あなたの友だちや先輩にも思い当たる節があったのではないでしょうか?

 

ではいったい大学生カップルの関係を続けるためにはどうしたらいいでしょう?僕の解決策は結論、お金を稼ぐです。次で詳しく解説します。

 

お金があれば大学生カップルの問題の大半は解決できる話

大学生カップル

 

  • もしお金があれば、バイトもしなくていいし相手のために時間を使える
  • もしお金があれば、相手のために好きなモノを妥協せずにプレゼントできる
  • もしお金があれば、移動費のことを考えずに相手に会いに行ける
  • もしお金があれば、一緒に暮らせる

 

当たり前のことを言いましたが、お金があれば大学生カップルの大半の問題は解決できます。

 

しかし、「現状貯金ないし収入も低いから困ってるんじゃん!」という声が聞こえてきそうです。ごもっともです。

 

ではどのくらいお金があればいいのか、どうやってお金を稼げればいいのか、僕の考えをまとめていきます。

 

アルバイトで必死にお金を稼ぐのはNGです

 「アルバイトで必死にお金を稼ぐのはNGです」なんて言うとかなり批判されそうですが、僕はアルバイトでのお金稼ぎは意味がない・将来のためにならないと思います。

 

理由は、体調不良で働けない日はお金がもらえないからです。

 

「何を言っているんだ」と批判されそうですが、アルバイトだと体調不良で働けない日はお金がもらえないのはまぎれもない事実ですよね。

 

しかもアルバイトの時給はかなり低いのでそれなりにお金を稼ごうと思ったら長時間労働は必須です。

 

そうすると恋人に会いに行く時間が減ります。

残業・安月給で働いてお金を稼ぐのはNGです

大学生カップル

次も炎上案件ですが、残業・安月給で働いてお金を稼ぐのはNGです。そう言った意味が分かったでしょうか?理由は、会社に長時間拘束されるからです。

 

長時間拘束される→疲れる→家帰って寝たい→恋人に会いに行く元気がでない

 

という負のスパイラルに陥ってしまうためです。

 

アルバイトで稼ぐのはだめ、定職でも残業・安月給で稼ぐのもNGと言いましたが、ではいったいどうしたらいいでしょうか?

 

僕の結論は、自分にしかない専門知識を使って稼ぐといった思考が必要だと考えています。次の章で詳しく理由を述べます。

 

自分にしかない専門知識を使って稼ぐといった思考が大切

大学生カップル

アルバイトで稼ぐのはNG、定職でも残業・安月給で稼ごうとするのもNG。

 

なので自分にしかない専門知識を使って稼ぎましょう。つまり勉強して努力して替えの利きにくい人材になるのがいいのではないかと思います。

 

また具体例をみてみましょう。

国家資格で勝負する

 僕はあまり薬剤師について詳しくないので、ざっくりと概要だけお伝えします。

 

皆さんたぶん風邪とか引くと思うので、病院で薬を処方してもらいますよね。つまり薬剤師の需要は絶対になくなりません。

 

しかし誰もが薬剤師に簡単になれるという訳ではなく、国家試験の合格が必要。つまり薬剤師は専門性のある仕事というわけです。

 

専門性がある薬剤師のお仕事=全国どこでもいつでも需要がある ということなので、すぐ高収入な仕事に転職できます。

 

ヘッドハンティングされる人材になる

 例えば、プログラミングを勉強してITエンジニア(SE)になった人の話をします。

 

プログラミングの勉強をしてたくさん仕事をしていけば、かなり知識やノウハウが自分に蓄積されますよね。

 

もしそのSEが会社の給料に不満で会社を辞めて他の会社に転職したい言い出した場合を想像してみましょう。おそらく会社としては今までより高い給料を払ってでもいいから引き留めようとしますよね。

 

なぜなら、その人の仕事に専門性がありすぎて、その人がいなくなるとそのプロジェクトや会社が回らなくなるから。

 

こういう風に、他社からヘッドハンティングされるような、今の会社から引き留められるような仕事や勉強をしていくのがいいと思います。

 

ここで改めて聞きますが、今のあなたの仕事は他社からヘッドハンティングされますか?アルバイトなんてしていてもなんの知識にもなりませんよね。

 

残念ですが結果として、貴重な人材にはなれないというわけです。

 

薬剤師やITエンジニアにも欠点が2つだけある

大学生カップル

今回は薬剤師やSEの例を出して、いかに自分にしかない専門知識を使って稼ぐことが重要かということをお伝えしました。しかし高時給である薬剤師やSEでさえも欠点が2つだけあります。

 

それは、働く時間と場所に制限があるということです。どちらの仕事も時給換算するととても高いと思うので、長時間労働する必要はないと思いますが、ある程度働く時間と場所に制限があるのも事実です。

 

働く時間と場所にある程度の制限があるとなかなか恋人にも会いに行く頻度が落ちます。ではどうしたらいいのか。

 

僕の結論は、ブログやYouTubeなどの時給労働ではないようなことでお金を稼いでみるということです。次で詳しくまとめます。

大学生カップルはブログやYouTubeで稼げるようになっておこう

大学生カップル

大学生カップルは、学生時代にブログやYouTube、YouTube編集などで稼げるようになっておいた方がいいと思います。つまり本業とは別に、いわゆる副業をしましょう。という話です。

 

2020年では政府の後押しもあって副業解禁になる会社も増えると思います。

 

最近はYouTuberの活躍が多いので、YouTubeで稼ぐというのはなんとなく想像できると思います。しかし顔出し恥ずかしいし、何したらいいか分からない…そこでおすすめなのがブログです。

 

ブログって聞くと、芸能人が書いているような日記を思い浮かべると思いますが、そうではなく「3か月で絶対に痩せる食事法10選」のような記事のことを指しています。

 

ブログでお金を稼ぐ方法を簡単に説明しますと、

 

①あなたの体験談や失敗談、成功体験をブログにまとめる

②読者があなたの記事を見る

③あなたが紹介した商品やサービスを買うと、あなたに紹介料が数%入る

 

という仕組みです。別にマルチ商法のような怪しい勧誘をしているわけではないです。「ブログ 稼ぐ」とかでぐぐるとたくさん情報が出てくると思うので、一度見てみてください。

 

ブログを使ってお金を稼ぐ方法は、こちらの記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね⇩

 

 

大学生カップルまとめ

大学生カップル

長くなりましたが結論は、大学生カップルは就職先が遠いことが原因で別れないようにするために、ブログやYouTube、YouTube編集で稼げるようになっておこうという話です。

 

いまいちピンとはこないと思いますが、ブログで稼げるように時間がある大学生の内からコツコツと努力することが大切だと思います。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました、気分を悪くされた方にはすいませんでした。